10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死はだれにも平等



京都に住む祖父が病院に入院してることが分かった
それも去年の10月からだという
祖母は必死に隠し通していた
なぜ隠したかったのだろう・・・
治療はしない、最後の時を安らかに迎えるための病院で
祖父はもうそれほど長くはないらしい
それを伝えた父が「会いたいのなら今のうち」と言っていたのだが
私は千葉に住んでいるのでそう簡単には会いには行けない
薄情だと言われればその通りなのだが、そいう千葉と京都はそういう距離なのだ
「葬式の準備もしておいたほうがよい」と言われた
死はだれにでも確実にやってくるものだけれど混乱した
パニックになって手が震えた
なんて悲しい現実なんだろう


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

Secre

プロフィール

minko

Author:minko
大阪府箕面市在住。統合失調症と睡眠障害をもつ精神障害者。亀を飼っています。過去には「動物園か!」と怒られるくらいに、動物を飼っていました。
このブログはリンクフリーです。
ご訪問いただいが方はコメントいただけると励みになります。

ブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ
にほんブログ村

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

好きなリンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

みんこの好きなお店

読書カレンダー

Powered By 読書カレンダー

ブロとも一覧


うつ病に「また」なったらどーしよう!?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。